• TOP
  • はじめての方へ
    • このサイトの使い方
    • ココサプとは?
    • よくある質問
  • サプライズのココロ
    • 人生を変えた贈り物
    • ディズニーの魔法
    • 本物の愛
    • 5年生のときの担任
  • 相手別にサプライズ
    • 彼女・奥さんにサプライズ
    • 彼氏・旦那さんにサプライズ
    • お父さん・お母さんにサプライズ
    • お子さん・お孫さんにサプライズ
    • 友達にサプライズ
    • 結婚式でサプライズ
    • みんなで協力してサプライズ
  • プレゼントでサプライズ
    • あなただけの写真を使ってサプライズ
    • 体験型プレゼントを使ってサプライズ
    • あなたの分身を使ってサプライズ
    • メッセージを刻んでサプライズ
    • 未来への手紙を使ってサプライズ
    • マッチボックスを使ってサプライズ
    • 映画の中からサプライズ
    • つきの土地・火星の土地を使ってサプライズ
  • レストラン・ホテルでサプライズ
    • 伝説の感動レストラン
    • 居酒屋甲子園の覇者
    • 最高のホスピタリティーホテル
    • 感動を呼ぶウェディング
    • 感動を呼ぶパーティー
  • とっておきのサプライズ
2009年ピックアップサプライズ
Line
  • モザイクアートでサプライズ
  • ホームページでサプライズ
  • サプライズムービー
  • お勧めメルマガ
  • 携帯にURLを送る

▼ スティービー・モリス

アメリカにスティービー・モリスという少年がいた。

学校で理科の授業中、実験に使っていたマウスが逃げ、

どこに隠れたのか分からなくなった。

教師はみなに探させたが見つからない。

そこで全員を 席に着かせて、自信たっぷりにこう言った。

「これだけ探して発見できないのなら、あとはモリス君にお願いしましょう」

そのとたん、教室中に何でアイツが?とザワザワとした。

ある一人が「モリス君には絶対無理です」と手を挙げて言った。

実はモリス君は目が不自由だったのです。

でも教師はこう答えました。

「なるほど、確かにモリス君は目が不自由です。

だからモリス君には無理だとみんなは思うかもしれません。

でも先生は知っています。

モリス君は目は不自由でも、神様から素晴らしい能力をもらっています。

それは聴力です。

それを生かせば必ずマウスを見つけてくれると先生は信じています。

モリス君、お願いできますか?」

そして、モリスは期待に応えてマウスを探し出し、日記にこう書き残した。

「あの日、あのとき、僕は生まれ変わった。

先生は僕の耳を神様がくれた耳と言って褒めてくれた。

僕はそれまで目が不自由なことを心の中で重荷に感じていた。

でも先生が褒めてくれたことで僕には大きな自信がついた」

このマウスの事件から数十年。

神の耳を生かして音楽の道に進んだモリスは

シンガー・ソングライターとして鮮烈なデヴューを果たす。

スティービー・ワンダーという名前で。

■ここでお伝えしたいのは、話の組み立てかたなんです。

始めから「今からスティービー・ワンダーの話をします。

彼は昔から聴力が弱くて・・・」と話しても、

まったく相手に感動を与えることができません。

これはサプライズと一緒。

始めから相手に「今度の誕生日は欲しがっていたあの指輪をあげるね」

と先に言ってしまうと、そこに感動は生まれにくいんですね(笑)

物事の順序に気を付けて、いろんなことを演出できる脚本家になりましょう。

あなたも好きなだけサプライズを生み出せる人になれるかもしれませんよ?

※そうなったら、すぐに言ってください。うちの会社で採用します(笑)



▼2009年のココサプPICK UP!!に戻る▼